康 林

来源:原创浏览次数:6366

   

康林,男,1981年至1985年就读于苏州铁道师范学院中国语言文学系,毕业后留校任教。1987年至1988年在东北师范大学日本文学研究所,师从吕元明先生学习日本文学。1998年赴日本留学,就读于中京大学研究生院文学研究科,师从佐藤房儀先生学习日本文学、比较文学与文化,获得文学硕士学位,后又于2005年获得文学博士学位。20055月进入上海外国语大学文学研究院任专职研究员,从事日本文学和中日文学文化比较研究

主要学著作:

 川端康成と東洋思想》,東京新典社,20053

主要论文:

1、『雪国』における鏡のメタファー,『川端文学への視界』年報2004NO.19;日本川端文学研究会 20046 

2、川端康成と老荘思想,『文学部紀要』第三十八巻第1号 中京大学文学部 2003年年7月;被日本学术文献刊行会「国文学年次別論文集」平成十五年版近代分册收录。 

3『文芸時代』に見る川端文学――文学理論と実作の接点,『文学部紀要』第三十六巻第2号 中京大学文学部  200112 

4、『文芸時代』に見る川端文学――川端康成の新しい文とは,『中京国文学』 第二十号  中京大学国文学会 20013 

5山上憶良「沈痾自哀文」の訳について,『文学部紀要』第三十五巻第2号  中京大学文学部  200012

 45